公式HIDE HP

 

          http://www.hide-city.com/

hide

 

 

 

 

hide(ヒデ、1964年12月13日- 1998年5月2日)は、

日本のミュージシャン、アーティストであり、ロックバンド、X JAPANのギタリストである。

 

X JAPANでは大文字で「HIDE」、ソロ活動では小文字で「hide」と、表記を区別している。33歳没。他界後も、X JAPANの現役メンバーという扱いになっており、ほかのメディアで数多くのhideの葬儀の動画が存在するなど、絶大な人気を誇る。

 

概要

横須賀サーベルタイガー解散後、1987年初めに当時のXに加入。PATAも加わって、メジャーデビュー時のメンバー構成になり、たいていの楽曲でリードギターを担当した。また、一部曲の作詞および作曲も担当。ライブ等でも独自の派手かつ奇抜なパフォーマンス、ビジュアルで自らを主張し、YOSHIKIとはまた一味違う存在感を放った。他のメンバーが派手なビジュアルを止め、徐々に素顔を見せるようになる中で、HIDEだけは「ファンからどう見られるか」に徹底して拘り、ヘアースタイル、ステージ衣装にビジュアル性を重視し、独自の個性を貫き続けた。

1993年から開始したソロ活動では、作詞、作曲、ボーカル、ギター、ベース(一部曲)、プロデューサーなどほとんどを自らが行ったマルチプレーヤーである。

 

 

X JAPAN解散後のソロ活動はhide with Spread Beaver名義で行っている。hideと、ソロ活動のツアーサポートメンバー(バックバンド)による一つのバンドに近い形態である

 

 

解散前のXも含めてこれらの活動は基本的に並行して行われていたが、それら全てが軌道に乗り始めた矢先に死去した。

彼の没後も公式ページは更新されており、X復活後もYOSHIKIらの「HIDEを含めたX JAPAN」という意向から彼の公式ページでも他の4人と同様の内容が掲載され、復活コンサートのチケット販売も行われた。

人物

本名は松本 秀人(まつもと ひでと)、神奈川県横須賀市出身。血液型はAB型。逗子開成高等学校卒業。

少年時代には肥満からくるコンプレックスのため、内気で大人しい子供だったという。小学校の卒業文集の将来の夢の欄には「医者になってみはなされた患者さんを助けてあげたい」と書いている。中学時代にはいじめも経験した。

また、教育熱心な家庭であったのか学習塾や習い事に通う忙しい小学生であったという。アメリカへの集団でのホームステイも経験している。その当時を知る人は、少年時代のhideからはテレビなどで活躍するhideの姿はとても想像がつかなかったと語っている。

中学生の頃にキッスのレコードを初めて聞いた時に大きな衝撃を受け、ロックに目覚める。 以後は俗に言う「ロック少年」となり、様々なロックを聴き漁るようになる。そういった中でhideが強く影響を受けたバンドには、

主に、キッス(特にエース・フレーリー)、ザ・クラッシュ、アイアン・メイデンなどの名前が挙げられる。山本恭司 (BOW WOW) のファンでもあり、hideの愛器となる「モッキンバード」を手にするようになったキッカケは「(BOW WOWの)ミツヒロ(斎藤光浩)さんが持っていたから」とのことである。

 

その後、エレキギターを手に入れたが当初はバンド活動はしておらず、そのまま高校へと進学した。その進学した高校が「エレキ禁止」であったためにバンドを組めずにいたが、不良の溜まり場などと言われていた横須賀のどぶ板通りに出入りするようになり、そこで出会った仲間達とバンドを結成する。このバンドがX加入以前に活動していた唯一のバンド、「サーベルタイガー」となった(正確には、中学でもバンドを組んだが形だけで音楽活動はしなかった)。

また、「おばあちゃん子」であったhideは美容院を営んでいた祖母からの影響を少なからず受けている。Xデビュー当時は祖母のサリーをステージ衣装として借りていたことも。祖母と言うには若くて派手な人であったために、後のファッションなどの基盤となったとも言われ、更に高校卒業後にはハリウッド美容専門学高へと進み、卒業をして実際に美容院で働いてもいた。中学生のhideに高級品であったギブソンを買い与えたのも祖母。「サーベルタイガー」を解散した時には、全ての音楽活動からは足を洗って美容師として生きていこうと決心をしたが、結局はYOSHIKの誘いでXに加入することになる。

テレビやゲームが好きで、好んで視聴したり遊んだりしていた。これらがあるとそればかりをしてしまうために、1年の内の多くを過ごしていたロサンゼルスでは「(日本のテレビ番組が放送されないため)音楽ぐらいしかやる事が無く、集中できるために音楽を作るには適した環境」と語っていた。テレビ番組の中では特にお笑い番組が好きで、

 

酒好きでもあり、日本酒が好み。ただし、X加入までは殆ど飲めなかったらしい。Xに加入したHIDEに酒を教えたのはPATAであると言われる。

略歴

  • 1980年頃、自らが中心となりアマチュアバンドサーベルタイガー(横須賀サーベルタイガ)を結成。曲を作り、ギターを担当した。SABER TIGERとは別のバンド。
  • 1986年、サーベルタイガーは人気・知名度も上がり、その名が知られるまでになっていたがメンバーの脱退などをきっかけに解散。一度は音楽をやめるつもりであったが、同じようにバンド活動をしていたXのYOSHIKIからの誘いを受けてXに加入した。
  • 1989年4月にXはアルバム『BLUE BLOOD』でメジャーデビュー。ギタリストにとどまらずビジュアル全般を担当し、メンバーの髪のセットなどもしていたという。Xは主にYOSHIKIが作詞・作曲を行っていたが、HIDEも一部曲で作詞・作曲をしていた。
  • 1993年8月5日、「EYES LOVE YOU」、「50%&50%」のシングル2枚同時発売でソロデビュー。Xと並行してのソロ活動が始まった。9月23日にはZI:KILLのTUSKと、映像作品『Seth et Holth』を発表する。「ZI:KILLとhide=ジキルとハイド」という洒落にもなっている。
  • 1994年2月、初のソロアルバム『HIDE YOUR FACE』をリリース。ジャケットを飾る、仮面のオブジェは映画『エイリアン』などで有名なH・R・ギーガーによるデザインである。また、同年3月から4月にかけて初のソロツアーを行った。
  • 1996年、アマチュアバンドであったZEPPET STOREの楽曲や存在を世間に知らしめたいという動機からLEMONed(レモネード)を立ち上げる。5月22日に同名タイトルのオムニバスアルバムとビデオを発売しレーベルの存在を公にした。また、6月より2ndアルバム『PSYENCE』に向けての活動が始まった。
  • 1997年9月、TOSHIの脱退により、X JAPANの解散を発表する。12月31日の「THE LAST LIVE」をもってXは解散した。しかし、「2000年X再結成」をメンバーと約束していたという。(hide死去時にYOSHIKIが公表)
  • 1998年1月1日、ラストライブの翌日にhide wit Spread Beaverとして朝日新聞紙上に全面広告を掲載。
  • 1月28日、シングル「ROCKET DIVE」をリリース。
  • 5月2日、朝7時30分頃にhideは自宅マンションの寝室にて、ドアノブに掛けたタオルで首を吊って呼吸停止した状態で、同居していた婚約者によって発見された。病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された後にファンが後追い自殺をするなどの事態が発生したという。
    • 5月5日、関係者のみ300人を集め密葬が執り行われた。
    • 5月6日通夜、5月7日告別式の両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。
    • 5月7日、脱退したTOSHI、TAIJIを含むX JAPANメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者も列席した。告別式はテレビで生中継された。
  • 5月13日、シングル「ピンクスパイダー」、5月27日にシングル「ever free」を、生前に予定されていた通りにリリース。
  • 7月23日、zilchとしての1stアルバム『3・2・1』が発表される。zilchはレイ・マクヴェイとポール・レイヴンというメンバーと共に結成したロックバンドである。
  • 2000年7月20日、記念館hide MUSEUMが故郷である神奈川県横須賀市の海岸沿いに開館した。
    • 衣裳や楽器などhideにゆかりのある品々を展示、併設の「Cafe Le PSYENCE」ではライブも行われた。
    • オープン式典にはX JAPANファンを公言し、設立にも協力したという衆議院議員の小泉純一郎も出席。
    • 横須賀市内を走る湘南京急バス堀内営業所でも、hide並びにhide MUSEUMをテーマにした路線バスを2台製作・運行させている。
  • 2004年5月2日、七回忌に当たる日には「FILM GIG」などのイベントが行われた。
  • 2005年9月25日に記念館は閉館。当初は3年間の期間限定であったが結果的に2年延長された。閉館後も展示品などは時期を見て公開する予定である。

初仕事

彼がXに加入しての初仕事はXのギター担当としてライブをすることであった。 しかし、彼がXとして最初に立った舞台はライブハウスやコンサートホールではなく、流行らないとある小さな食堂のカウンターであった。 これが「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画で行われた「やしろ食堂」ライブで、ギターを演奏しながらTOSHIと共に女性客に向かい「食え~!」と叫んでいた。

hideとINA

hideのツアーメンバーでもあるINAだが、元々はXのレコーディングに参加していたスタッフであった。 その後、hideがソロ活動を始めた際に全面的に参加するなどhideの音楽にとても深く関わっていく事になる。 ツアーでも本来は俗に言う「裏方」であった筈だが、hideが無理矢理表舞台へ引っ張り出したという話である。

しかし、単なる製作スタッフやメンバーという存在にとどまらず、hideには欠かせない存在であった。 hideは自宅に一通りの機材を揃えてデモテープを自宅で製作していたが、この作業は常にINAと二人で行っていた。 「hide」というミュージシャンを、松本秀人(≠hide)とINAの二人でプロデュースしているという感覚であったらしい。

このデモテープはデモテープとしては質の高いものであり、これは、質の高いデモテープを作る事によってレコーディングに携わる人間に対して曲の意図をより明確に伝えられるためである。また、アルバム『PSYENCE』の中の『LASSIE』は雰囲気などのために敢えてデモテープの音源をそのまま収録してある。

「INA」として世に出るようになってからも、hideは本名の「稲田君」と呼んでいた

LEMONed

LEMONed(レモネード)はhideの設立したレーベルであり、英俗語である「LEMON(不良品)」に過去形の「ed」を付けて、「不良品だった」という意味を込めた命名である。また同時に、大量生産されるこの時代で僅かな確率で生産された「不良品」が、似た者同士のアーティストの中で異彩を放ち、「僕たちもかつては不良品だった」と笑えるようにとhide自身語っている。ZEPPET STOREとの出会いをきっかけに立ち上げたが、音楽に限らずhideが「良い」と思ったものをサポートしていくために設立された。音楽以外には、ファッションやグッズの販売店や美容院、フォーミュラ・ニッポンのチームルマンのスポンサーにもなった。毎年夏にはMIX LEMONed JERRYを開催、また千葉マリンスタジアムでのイベントなども行った。

 

  • 難病であるライソゾーム病を患ったファンである少女、貴志真由子の「hideに会いたい」という願いを、支援団体のメイク・ア・ウィッシュを通じて受けたhideは1995年12月31日、Xの東京ドームライブで少女と会い、ライブの打ち上げにも招待して少女を友達だと紹介し、少女から不自由な手で2か月かけて編んだマフラーをhideにプレゼントされた(このマフラーはhideの死後、形見として少女の手に戻った)。その後も手紙を送ったり、お見舞いに訪れたりという交流を持ち、少女を励ますことになった。少女への手紙には「昔の事とか初めてのドームの事とか忘れていた色々な絵が見えてきて、かなり感動したんだ。おかげで、思い出さなきゃいけなかったいくつかの事が頭にやきついた」と感謝の言葉を残している。1996年3月28日に少女は治療のために骨髄移植手術を受けたが、手術後の1996年4月1日に拒絶反応のため心臓に水が溜まり危篤状態となり、彼女の母親から「hideさんの声だけでも良いから聞かせたい」と電話を受けた時にはその日の予定を全てキャンセルし、病院へ駆けつけて数時間の間励まし続けた。結果、その晩に危篤状態を抜け出し徐々に病状は良くなって数ヵ月後には退院する事もできた。その後にhideは「できることをするだけ」とあくまで個人的に骨髄バンクに登録をしたが、その際に所属事務所が独断で急遽記者会見をセッティングしてしまい、実弟でありhideのパーソナルマネージャーを務めていた松本裕士は、そのことを一切知らなかったと後に出版した追憶本「兄弟」の中で明かしている。記者会見自体は行われたが、会見終了後にhideは「これじゃあ売名行為じゃねえか!!もしそんな風にマスコミに書かれてその娘が傷ついたらどうすんだ!!」と言って彼を殴り飛ばした(hide自身ももちろんその事は知らなかった)。慈善活動をひけらかすような行動を嫌っての事であったが、結果的にはこの報道が骨髄バンクの認知度向上に大きく貢献する事となり、以後もボランティア活動を続けていた。その貴志真由子は、hideが他界した11年後の2009年9月30日に、和歌山市内の病院で、肺出血による呼吸困難により28歳で他界した
  • Xの「PSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCK」というフレーズを考案。これがヴィジュアル系という言葉を生み出したのはhideと言われる所以になる。また、hideが音楽界に与えた視覚面や音楽面の影響は多大で、音楽ライターの市川哲史などからヴィジュアル系はhideから始まってhideで終わったとも言われている。
  • ファン想いであることが有名で、大物になるほど回避しがちなTV出演について「地方でライヴに来られないファンの為にも出る」と積極的であったり、「チケット代も安くないのに、更に高いお金を遣わせるのはいけない」と、ソロ活動についての関連グッズは全て5,000円以下であったという。
  • 解散後も、hide・kyo・TETSUはお互いに自分のバンドを持っているにもかかわらず、「元サーベルタイガーの○○です」と、言っていた。
  • hideがサーベルタイガーを解散させ、ミュージシャンを辞める決意をしたとき、親交のあったミュージシャンにその事を電話で話した。しかし、サーベルタイガー時代からhideの活躍ぶりは有名で中にはバンドへの誘いもあったが全部断ってきた。最後にYOSHIKIに電話を掛けた際、「Xに入らない?」と誘われ、hideは「ちょっと考えさせて。」と答えた。翌日、都内にある居酒屋でそのことを承諾すると、それまでそばでおとなしくしていたTOSHIとTAIJIが歓喜をあげ、酒を飲みまくり挙句の果てには組体操まで行うことになったという。
  • 1992年ごろ、Xの全盛期にTOSHIが単独で持っていたラジオ番組「オールナイトニッポン」にYOSHIKIがゲスト出演した回に番組終盤突如乱入。YOSHIKIが本番中に火を噴こうとする、さらに酒を追加する、そこらじゅうのボタンをいじってわけのわからないSEが鳴るなど既に放送事故スレスレであったが、hideの乱入で更に番組は崩壊。完全に泥酔状態で呂律も回らず既に泥酔状態のYOSHIKIと共に進行を妨げ、終始かつての飲みにTOSHIが来なかった事にこだわり続けていた(TOSHI曰く出入り禁止を喰らったとのこと)。そして、たまたまおはようナイスデイの取材に来ていた東海林のり子の実況と共に平和な深夜番組を破壊しつくした。

 

----------------------------------------------

 

hideの死

急逝

1998年5月1日、hideはSpread Beaverのメンバーと共にフジテレビ音楽番組「ロケットパンチ!」の収録を行う。その打ち上げ後、日付をまたいで更に飲み、泥酔したhideは実弟でマネージャーの松本裕士が運転する車で自宅マンションまで送られた。

5月2日朝7時30分頃、hideは自宅マンション寝室のドアノブに掛けたタオルで首を吊った状態で発見された。その後、病院に搬送されたが午前8時52分に死亡が確認された。

 

当日午後3時頃から、一斉に「元X JAPANのギタリストhideが死亡、警視庁は自殺と断定」と速報で報道された。

 

警視庁が自殺と断定した根拠は、ドアノブにタオルを巻きつけて首を吊った状態で発見されたという状況証拠である。そのためニュースやワイドショーでは自殺したものと扱われた。

しかし、当初から事故死だったのではないかという見方が出ていた。hideの自室には遺書がなかった事、死去前に自殺するような印象を残していなかった事、直前にも自殺を感じさせる兆候はなかったと証言されている事、生前のインタビュー、死去の数日前にhideが都内に建てるスタジオの土地の仮契約をしていた事、などといった理由がこれに関連する。

 

 

「ピンクスパイダー」の一連の歌詞について「自殺」と関連付けられる説もあるが、これについてはhide自身が雑誌等で「『ピンクスパイダー』の歌詞は『世の中そんなに甘くはない』という挫折と失敗を表した歌。『若いうちは後先考えず突き進め』というメッセージを込めた「ROCKET DIVE」、『人間何度でもやり直せる』という再生・再起の意味を込めた「ever free」と合わせて3部作の1つとして聴いて欲しい」と語るなど、死を意図したものとは位置付けられていない。

 

 

後に発表された松本裕士の見解は、「ギタリストである彼は、職業柄肩こりが激しく眠れない事もあったほどで、タオルなどで肩を吊ってマッサージしていたという。これは、スポーツ選手などがよくやる牽引(タオルを首にかけて引っ張る方法)である。死去直前の5月2日未明まで酒を飲んでおり泥酔状態でそれをしてしまった為、そのまま眠ってしまい、結果事故死した」というものである。事実、彼の亡くなる数時間前に撮影された「ロケットパンチ」でのインタビュー中、(ギターのストラップのあたる左肩が痛いのか)特に左肩を揉むしぐさを頻繁にしている。

「HURRY GO ROUND」の歌詞や、ラジオ番組「オールナイトニッポンR」での発言が意味深長で自殺に関連するのではないかという見方や、

はたまた事故ではなく自殺だと断言している人間の存在までもあり、様々な見解がある。警察は雑誌取材などに「『牽引』にしては首の輪が小さく、むしろ死を意図するものであった。また、『バンドや音楽活動で悩み酒量が増えていた』と聞いており、突発的に死に踏み切ったのだと思われる」と答えている。

なお、YOSHIKIは「彼は自殺するような人間ではない」と発言している。

死去後に時間が経過してからは、テレビなどでhideを取り上げる際には「自殺」、「事故死」という言葉を使わず、「急死」または「急逝」とされている。その理由は「自殺、事故どちらも断定するには曖昧であるから」とされる。

奇しくもhideの死が報じられた其の日の深夜、NHK総合テレビジョンにてX JAPANの東京ドームライブ(1997年12月31日)の特別番組が放送された。

 

 

葬儀までの5日間

hideの遺体は5月3日に東京都中央区築地の築地本願寺に安置された。

夕方、YOSHIKIがロサンゼルスから帰国し成田空港から築地本願寺に直行。YOSHIKIは最初これを「悪い冗談じゃないか」とも思っていたが、飛行機の中での正式な報道を見た瞬間に現実であることを受け入れ号泣したという。

 

翌日5月4日、週が明け本格的にワイドショーなどで大々的に取り上げられる。築地本願寺にファンが集まり始め、その数は千人規模となる。夕方にYOSHIKIが寺の正面に姿を現し、報道陣を前にメッセージを発表した。

 

5月5日には、関係者のみ300人を集め密葬が執り行われた。その間もファンは絶え間無く押し寄せ、その数は数千人にも膨れ上がった。また、疲労と心労が重なったファンが次々と倒れ、救急車で病院に搬送された。さらに、「hideが自殺」と報道されていたためにファンの後追い自殺が東京都調布市や千葉市、築地本願寺境内で相次いだ。そのため、翌日には警視庁の要請で元X JAPANのメンバーが記者会見を開き、自殺を思いとどまるように訴えた。

5月6日の通夜、5月7日の告別式の両日はファンの献花を受け付け、連日ファンが大挙して押し寄せた。中には単なる通行人や野次馬もいたとされるが、通夜、告別式に5万人近くが集まったとされ、隅田川沿いに2 - 3kmのファンの列が出来たことも報道されていた。

 

これまで有名人の告別式などが催されたことがあるが、美空ひばりや尾崎豊の告別式に訪れた人の数を超え、これほどまでファンが集まったのは戦後の日本では例が無い。

5月7日の告別式はテレビで生中継された。告別式には、脱退したTOSHI、TAIJIを含む元X JAPANメンバーをはじめ、親交のあった音楽仲間や業界関係者が列席した。築地本願寺開山以来のグランドピアノ持ち込みによるYOSHIKIの伴奏で、TOSHIがX JAPANの「Forever Love」を歌った。

 

hideの「GOOD BYE」が流される中、午後3時40分出棺。道路に交通規制が掛けられ一般車両を完全に止めた状態であったが、ファンが大挙して道路に広がり霊柩車を追いかける者まで現れる非常事態となり、築地本願寺周辺がパニック状態になった。

その後、hideは渋谷区の代々幡斎場で荼毘に付された。代々幡斎場周辺も築地本願寺同様ファンが大挙して道路に広がり霊柩車が斎場に到着するシーンも追いかける者まで現れる非常事態となり、これもパニック状態になった。法名秀徳院釋慈音(しゅうとくいん しゃくじおん)。遺骨は四十九日法要をもって、神奈川県三浦市の三浦霊園に納骨され、一部はロサンゼルスの海に当時のzilchのメンバーや松本裕士によって散骨されている。

 

 

hideの墓

hideの墓には大きく『hide』の文字が書かれており、今でもファンによる多くの献花が飾られている。また、墓石には愛用のギターを模したレリーフの隣に事実上遺作となった「HURRY GO ROUND」の歌詞と両親から息子へのメッセージが刻まれているほか、記帳用のノートも設置されている。

 

なお、墓にはファンによる墓地の荒廃を防ぐために松本家からの注意書きも設置されており、献花は包装をはがすこと、線香を束であげない、水、酒などの液体を墓石にかけないといったルールが記されている。